サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<2007年度のインプラント講習会 Part1トップ 新入社員!?が入りました。>>

2007年度のインプラント講習会 Part2

2007.05.06-Sun

【 大西加奈子 記 】
 
4月22日、4日間にわたってサトウ歯科・デンタルインプラントセンター大阪にて行われたインプラントのコースもいよいよこの日で最終日です。
今回はこのメンタープログラムの締めくくりでもあるライブオペの模様をお伝えしたいと思います。
 
ライブオペとは、、、インプラントの手術の中継映像を2階の研修室のスクリーンに映し、受講者の先生方に見ていただくというものです。
ただ映像を流すのではなく、琢也先生がインプラントの手術をしながらその説明をマイクを通して行うというなかなか大変なプログラムです。
 
そして当日はインプラントの手術に至るまでにも、口の中をきれいにお掃除したり、麻酔をしたりなど、準備することがたくさんあり、さすがに限られた時間内ですべてのことをするのは難しいので、今回は緒方先生が助っ人としてプログラムに参加して下さることになりました。
私が担当するかもしれなかった手術の撮影も緒方先生にしていただいたので本当に助かりました!
 
さて、我らのエース・五嶋さん、当日も第一助手(先生の一番近くで行うアシスタント)の担当で、いつもながら緊張は全くしていないと言いつつも、オペの時間が近づくと変な(?)体操をしだし、妙な気合入りまくりでした。(笑)
 
そして第二助手(外回り担当)の私はといいますと、、、普段とは違いかっーなり緊張しておりました。
指示された器具をすぐに出せないと手術の流れが止まってしまうので「予定のもの以外言われませんように!」と祈っておりました。
いやはやほんと頼りないですが・・・。
 
でも、1番大変だったのは琢也先生ですかね。
インプラントの手術だけでも大変なことなのに、手元のカメラ映りを気にしつつ、そして説明もしながら、しかも予定通りの時間に手術を完了することなどなかなかできることではないと思います。
しかし、さすがです。
普段と変わらず手際よく進んでいき、それをサポートする五嶋さんとのコンビもバッチリ。
そして終盤、予定通りのところで緒方先生にバトンタッチと、なんともスムーズに回っているではないですか!
ほんと感激してしまいました。
 
今回のコース、プログラムは盛りだくさんでしたが、何といってもインプラントの手術が無事に終わったことが1番嬉しかったです。
受講された先生方にも大好評のようでした。
 
そして協力していただいた患者さん、本当にありがとうございました。
 
 
メンタープログラム終了後は、、、、
緊張感から開放されたスタッフルームでは緒方先生のイカ釣りの話で大盛り上がり!!
いつものサトウ歯科に戻りました。
 
スタッフのみなさんもお疲れ様でした!
 
DSC03722.JPG  ←受講の先生方への術式説明の合間に


DSC03720.JPG   ←奇妙な準備運動をする五嶋友絵氏(23歳)

Track Back

Track Back URL

http://www.satohdental.com/mt/mt-tb.cgi/42

Comment

Comment Form




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)