サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<November 2009 メイン January 2010>>

今月のインプラント関連の最新論文

2009.12.17-Thu

【 佐藤琢也 記 】


デンタルインプラントセンター大阪では毎月、
インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。


今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。

ヒトの前歯,小臼歯部における抜歯後ソケットプリザベーションの効果 -システマティックレビュー-
Title :Effect of socket preservation therapies following tooth extraction in non-molar regions in humans: a systematic review
Author :J. M. A. G. Ten Heggeler, D. E. Slot,G. A. Van der Weijden.                               
Journal:Clin.Oral Impl.Res.22 Issue 8, 789-801, 2011


PURPOSE
患者の前歯部,小臼歯部に行われた抜歯後ソケットプリザベーションの効果を,行わなかった場合と比較して論じている文献を参集し,システマティックレビューの手法を持ちいてその有益性について評価する.


MATERIALS AND METHODS
2010年6月までにMEDLINE-PubMedと the Cochrane Central Register of controlled trialsにて報告されたソケットプリザベーションに関する論文を集積した.その内容はヒトの抜歯後歯槽堤の高さと頬舌径の経時的変化を調査したもので,抜歯後にいずれの追加の治療を行わなかった場合(自然治癒群)と,抜歯窩に骨補填材,コラーゲン,グロースファクター,あるいはメンブレンを設置してソケットプリザベーションを行った場合とを比較.


RESULTS
MEDLINE-PubMedから1918本,Cochraneからは163本の文献がスクリーニングされ,本研究のクライテリアに即した9つの論文が得られた.
これらに基づくシステマティックレビューの結果,抜歯後の自然治癒群の歯槽堤の寸法変化は,頬舌径で2.6-4.6㎜,高さで0.4-3.9㎜の減少が認められたのに対し,ソケットプリザベーション群でも最も結果の優れていたFDBAを使用した症例では,頬舌径の減少は1.2㎜にとどまり,高さは抜歯後よりも増加する結果となった.


table 5

DISCUSSION & CONCLUSION
ヒトにおけるソケットプリザベーションの効果を調査した研究は非常に少なく,いずれも確固たる結論を導くには至っていない.しかし,本研究より,ソケットプリザベーションは抜歯後の歯槽堤の寸法変化を少なくさせる効果があることが示唆された.
しかし一方で,この治療方法は抜歯後の歯槽堤の吸収を防ぐものではなく,システマティックレビューで得られた論文の中では,やはり歯槽堤の頬舌径,高径ともに減少することを示唆するものもあった.


POINT OF CRITICISM
JOMIの2009年のSuppleにもソケットプリザベーションの効果を検討したレビュー論文が発表されていた.結論は本研究と同様のものであったと言えるが,本研究は抽出した9の論文に対する研究デザインの質の評価にいたるまで綿密で,骨補填材に関する考察も明確かつ簡潔であり,非常に質の高いレビュー集と考えられる.
ソケットのシールの方法についての詳細が議論されていればなおよかったが,その記述は少なかった.

今月のインプラント関連の最新論文

【 佐藤琢也 記 】


デンタルインプラントセンター大阪では毎月、
インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。


今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。


カバースクリューの早期の露出と従来法、早期埋入法で埋入されたインプラント周囲の骨吸収との関連。二重盲検法による研究
Title :Maxillary Sinus Pneumatization Following Extractions: A Radiographic Study
Author :Murat Cavit C¸ ehreli, Ali Murat Ko¨kat, Serdar Uysal, Kivanc Akca.                 
Journal:Clin. Oral Impl. Res. 21, 2010; 1327–1333.


PURPOSE
カバースクリューの早期露出と,従来法による埋入(以下,遅延埋入)されたインプラント,あるいは早期埋入インプラントの周囲骨の吸収との関連を調査する.

MATERIALS AND METHODS
46人の被験者群を遅延埋入グループと早期埋入グループに分け,通法に従い二回法により103本のブローネマルクインプラントを埋入した.
二次外科手術までの期間に認められたカバースクリューの露出の程度を観察し,Talの分類によりClass0~4に選別した.

fig1
また,二次外科手術前にPlaque Index(PI)を測定し,デンタルx画像上のMarginal Bone Loss (MBL)を二重盲検法により測定した.


RESULTS
早期埋入グループは遅延埋入グループと比較し,有為に高いMBLの値を示した.
遅延グループでは暫間補綴装置の使用がMBLの値に影響しなかったが,早期埋入グループにおいては,暫間補綴装置を装着したサイトにおいて有為に高いMBLの値を示した.
カバースクリューの早期露出が認められなかった割合は,遅延埋入グループのほうが早期埋入に比べ有為に高かった.
また,カバースクリューの露出の程度と,遅延埋入グループの近心側のMBL,そして早期埋入グループの近遠心のMBLとの間に相関が認められた.


DISCUSSION & CONCLUSION
カバースクリューの早期露出とインプラント周囲の骨吸収は直接的に関連していることが明らかになった.また,早期埋入インプラントにおけるカバースクリューの露出は遅延埋入インプラントと比較し,インプラント周囲の骨吸収にさらに大きな影響を与えることが示唆された.早期埋入におけるインプラント埋入後の暫間補綴装置の使用は,カバースクリューの露出と,これにともなう骨吸収を助長する可能性が示唆された.


POINT OF CRITICISM
本論文はカバースクリューの早期露出の是非やその対処法を示唆したものではなく,インプラントの埋入方法によって臨床的なの影響が起こり得るということを示したものである.しかし,二次外科手術時に両群の差異が認められたとしても,アバットメントの連結後の骨吸収(saucerizatio)を考慮すると,その後のグループ間の隔たりは消失するかもしれない.

CATEGORY: 5,6    


第34回 Club GP定例会

2009.12.14-Mon

【 杉原隆子 記 】
 
11月29日(日)、今年LASTを飾る“第34回 Club GP 定例会”がグランキューブ大阪にて開催され、たくさんの方々にご参加いただきました。

DSC08647のコピー.jpg
 
今回は午後からの開催で、ながお歯科クリニック・長尾龍典先生の「症例検討会」と、なかい歯科・中居 伸行先生の「会員発表」、そして特別講師として岡崎歯科・岡崎 英起先生にご登壇いただきました。
  
DSC08650のコピー.jpg DSC08655のコピー.jpg
会員発表をされる長尾先生と中居先生。お二人とも京都でご開業されています。
 
私は受付を担当しておりましたので、前半の発表を拝聴できなかったのがとても残念でしたが、
休憩を挟んで岡崎先生の講演よりようやく会場に入って講演を拝聴することができました。
 
岡崎先生は当初かなりマニアックな講演内容をご準備いただいていたようなのですが、
前者の先生方のマニアックな発表とClub GP会員の雰囲気を読まれて?!、
急遽変更されたとのこと(*O*)!!
 
にもかかわず、内容やスライドの素晴らしさは圧巻でした!時に笑いも交えて(下ネタもサラッと挟みつつ)、丁寧にとても分かりやすくお話しくださいました。
  
DSC08663のコピー.jpg
会場が熱気に包まれた岡崎先生の特別講演。
 
また、歯科医院を開業されている先生方の立場からスタッフ教育の大切さをお話しになられ、先生方のご苦労にも触れる事ができました。
 
 
岡崎先生にはまたClub GPにご登壇いただき、ご用意されていたほうの“かなりマニアックなスライド”を是非とも講演していただきたいと思います!!
  
これにて定例会は無事終了となりました。
 
 
琢也先生を始めたくさんの先生方、今年も本当にお疲れ様でした。
引き続き来年のClub GPも楽しみです♪
 
会員の皆さん、どうかよいお年をお迎えください☆
 
 
ところでその定例会の後、場所を堂島リバーフォーラムカフェへと移動し、
来年4月よりスウェーデンへ渡ることになられた 『ハンサム』こと、大月基弘先生の壮行会が開かれました。
 
きっと、たくさんの激励と祝杯をお受けになられた事だと思います。
 
大月先生、お気をつけて行ってらっしゃいませ(≧▽≦)/~
 
DSC08687のコピー.jpg DSC08689のコピー.jpg

☆ 医局旅行 サトウ歯科のゆかいな仲間たち 2009 二日目 ☆

2009.12.10-Thu

【 五嶋友絵 記 】
 
医局旅行2日目の始まりは、
美味しい焼きたてパンとワンプレートディッシュ♪♪
 
これが、またまた
おいしいんです!!
 
 
前夜なかなか、みんな寝付けなかった様子で(それぞれ色んな意味で、、)
眠い目をこすりながらも、もくもくと朝食を頂きました。

01.jpg 02.jpg



1人、早々と朝食を済ませた院長は
バードウォッチングする準備をし、お散歩にいってしまいました*
でも、その様子を朝食中の私たちは、リビングから眺めてて、微笑ましかったです。
 
朝食を済ませたみんなも思いのままに
チェックアウトまでの時間を過ごし、
お世話になった大久保さんと
記念撮影をして
ペンションマッキンリーを出発しました。
 
DSC08626.jpg
 
出発して、目的地への姫路サファリパークへ辿り着くことはなく、
とち餅屋さん、くつのディスカウントショップ、、、、
お土産屋さんで海鮮や名物品など買い占め、
朝来サービスエリアで軽く腹ごしらえ♪
(ここの黒豆ソフトがおいしいですよ!)
などなど、、
寄り道だらけで、、
 
結局、時間の関係や交通状況から
姫路城へと目的地を変更し、南へ移動しました。
 
姫路城に到着したころは
ちょうど日が傾く頃で、観光団体さんも多くいましたが、
タイミングよくスムーズに姫路城を観覧でき、
紅葉と姫路城をバックにここでもパシャリと記念撮影♪
 
DSC08630.jpg
 
天気が心配された、週末でしたが雨に降られることなく
天気に恵まれ、みんなで
ゾロゾロと姫路をお散歩でき気持ちよかったです♪
 
帰りの車中では、どちらの車も女の子組は爆睡。。。だったのは言うまで
もないみたいです。あは
 
緒方先生、寺嶋先生
長距離運転ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ
 
そして、院長、琢也先生
楽しかったです。二日間
ありがとうございました*
 
スタッフ一同
 

☆ 医局旅行 サトウ歯科のゆかいな仲間たち 2009 一日目 ☆

【 小田由美子 記 】
 
医局旅行 一日目 城崎 ~ 神鍋 ミ〔゜゜〕ミ
 
今年も医局旅行の季節がやってきました!!
11月22日(日)23日(月)の二日間、『サトウ歯科 デンタルインプラント
センター大阪』ではドクター、スタッフ総勢9人でカニを食べに行ってまいりました~♪
  
DSC08585.JPG
  
出発当日、朝10時にサトウ歯科に集合!!
今回は車2台に分かれ、まずは一日目の目的のひとつ『城崎マリンワールド』へGO!!
お天気に恵まれ道中では、車の中からうっとりするぐらいの色とりどりの紅葉を満喫する事が出来、このあと高速のサービスエリア「西紀」に立ち寄り、たいした渋滞もなく無事、城崎マリンワールドに到着しました!!
 
DSC08594.jpg
 
ここではまず屋外施設にある釣堀でアジ釣りが出来るということでみんなレンタルの釣竿をゲットすると、気合いを入れてフィッシング大会スタートです♪
 
DSC08599.jpg 
 
さすがに男性陣はエサとなるえびをつけるのもお手のもので、最初、慣れない女性陣も徐々に慣れていき、気が付くとここのアジ釣り経験者の緒方先生が一人入れ食い状態でバケツいっぱいに釣りあげていたり、その向かい側では衛生士の今井さんが「これエサつけんでも釣れるで~!!」と釣り針だけで何匹も釣りあげていたりとみんなキャッキャ言いながら釣りを楽しんでいました。釣りあげたアジは隣のアジバーで揚げてもらう事ができ、みんなで完食しましたよ♪
 
DSC08605.jpg DSC08608.jpg
 
そしてこの後、館内で愛嬌たっぷりのせいうちとガラス越しでじゃれあったり、とっても可愛いイルカとアシカのショーを満喫したりとあっと言う間に今晩の宿泊地へ向かう時間となりました。
この時間の渋滞を回避するため、山道を何度か越えて神鍋高原にあるお宿『マッキンリー』というペンションに無事到着♪と、同時にマスターが笑顔でお出迎え \(^▽^*)
みんな荷物を置いて食堂に集合。
 
早速、出てきたのはマスターご自慢のとても新鮮な『カニのフルコース』です ≧(゚゚)≦
マスターに美味しいかにの食べ方を伝授してもらいながらかにのお刺身に、焼きがに、かにみその甲羅蒸し、かにしゃぶ、締めの雑炊とお腹いっぱい堪能しました。ほんとに美味しかったです!!
 
DSC08616.jpg   DSC08618.jpg
 
  
しばらくすると...ここでまさかのサプライズ☆☆☆
翌日、誕生日を迎える私のためにみんなで『バースディケーキ』と『プレゼント』を計画、用意してくれていたんです!!もう本当にびっくりで、ハッピーバースディの歌まで唄ってもらうと、とっても感動してしまいました。なんて素敵な職場なんでしょう!! ・゚・☆・゚:*(感´∀`激)*:゚・☆・゚・
 
DSC08619.jpg   DSC08620.jpg
 
 
そんな余韻を楽しみながらそれぞれ部屋に戻り順番にお風呂に入って一日の疲れを癒しました...。とここで一日が終わるのかと思っていたら先生と一部のスタッフで『罰ゲーム付きのトランプ大会』が始まってしまいました。気が付くと、時間は夜中の3時をまわりみんな大急ぎで床につきました(汗)
 
明日は北近畿をはなれて姫路市へ移動です ***Oo。(。ρω-。) オヤスミナサィ***
 
医局旅行一日目、みんな仲良くわいわいと楽しい旅行になりました。院長先生、琢也先生、企画してくれた今井さん、道中ずっと運転して頂いた先生方、そしてスタッフのみなさんありがとうございました。