サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<October 2010 メイン December 2010>>

UCLAサティフィケートコース Session1 2日目

2010.11.27-Sat

【 日野岡 舞 記 】
 
コース二日目には、豚の下顎を用いたインプラントの移植手術の実習が行われ、私、日野岡もアシスタントとして参加いたしました。
 
私はこの実習で初めて豚の下顎を見ることになりましたが、豚の下顎はヒトの下顎とは違って前歯と奥歯の間に歯のないスペースがたくさんあり、ヒトとは違う特徴にとても興味深々となりました。そして、中には奥歯が黒く、虫歯になりそうな豚もいて・・・。虫歯になるのは一緒なんでしょうか?・・・(笑)。
  
008.jpg 009.jpg
実習器具の準備中です。グロテスクですみません・・・。 (^_^;) 
 
そんな豚の下顎たち、通常は冷凍された状態で実習会場に届けられますが、冷凍状態のままでは歯茎や粘膜がとても硬くて使用しにくく、かと言って生の状態、あるいは解凍したままで使用すると、生臭さが部屋に充満してしまうらしいのです。
 
いつもその取り扱い、とくに『解凍』のさじ加減が一番難しいそうなのですが、それを解消するために、当院非常勤歯科医師の寺島先生が、なんと!! 
実習前夜にわざわざご自宅で十数個もある豚の下顎たちを迎え入れ、
さらに解凍の後にさらに臭い取りのための一つずつ丁寧にお湯で豚の下顎を洗ってくれたのでした
(これって「湯引き」!?)。
  
その結果、豚たちは最高の状態で仕上がり、受講生の先生方には生臭さを感じずに実習を行っていただきました!

しかも、寺島先生は豚が乾燥しないようにと、ファブリーズまで持参して下さって、すごい!!! 豚顎マイスターです・・・。
 
010.jpg
協力していただいた㈱モリタの芳村氏(左)と豚顎マイスター寺島先生(中左)。 
 
当日のプログラムはDrサーシャによる講義から始まり、豚の下顎を使ったインプラント、英語を瞬時に琢也先生と西本先生が通訳して下さるため、私にとっても大変分かりやすく、とても勉強になる一日となりました。
 
インプラントを移植する際の術者とアシスタントの手際のよさを見て、私がアシストをする際に、今日の経験を役立てたいなぁーと思いました。
 

011.jpg 012.jpg

サーシャ先生のデモストレーションより実習がスタートです!!
 
013.jpg
豚顎マイスターに、その栄誉をたたえ豚顎実習をプレゼントです!☺

UCLAサティフィケートコース SessionⅠ 1日目 

2010.11.26-Fri

【 五嶋友絵 記 】
 
いよいよ、この日が来ました!!1年を通しての大イベント!!
 
UCLA(カリフォルニア州ロサンゼルス校)歯学部の卒後研修施設が認証する、インプラントと審美歯科に関する全17日間のマスタープログラムです!!
すでにこのコースは世界の10カ国で開催されているイベントですが、日本での開催は今回が初めてで、なんとその運営をサトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪で請け負うことになりました。
 
 
17日間の開催は大阪で4日間(セッション1)、東京で4日間×2回(セッション2、3)、そしてロサンゼルスで5日間(セッション4)、アドバンスの治療方法をマスターしたいと希望される歯科医師の先生を対象としたものです。
 
初回のセッション1は、大阪国際会議場を会場に10月28日から31日の4日間で、
初日は、インプラント治療の総論を、本プログラムのMain SpeakerでもあるDr.Sascha A.Jovanovicが自らの素晴らしい症例を混じえながら説明されました。
 
001.jpg 002.jpg
親しみやすく、それでいてクールで男前なサーシャ・ジョバノビッチ先生の講演風景
    
Dr.Saschaとは、私個人としては4年ぶりの嬉しい再会となりましたが、私の“Hi ! Sascha. Do you remember me?”との声掛けに、4年前と変わらない無邪気な笑顔で“Yes! Of Course!!”と返してくれました。
いつも、Dr.Saschaの話す言葉は理解できるのに、私が英語で思っていることをなかなか言葉にできないのはとても歯がゆい感じでしたが、とにかくちゃんと覚えもらっていてとても嬉しかったです。
 
003.jpg
当院スタッフもコースのお手伝いです! 
 
Dr.Sascahの講演中では、受講の先生方との質疑応答も活発で、様々なディスカッションがアットホームな雰囲気で行われ、とてもわかりやすい内容でした。
 
このプログラムに参加して下さった受講生の方も有意義な時間を過ごされたかと思います。
 
そして、初日の講演終了後には、
会場近くのリバーサイドテラスを貸し切ってのレセプションパーティーが行われました!!
 
遠方から参加して下さった先生方もたくさんいらっしゃって、しかも早朝からの講演でしたので、皆さんお疲れだったと思いますが、店内では真剣話もあり、大笑い声で盛り上がるもあり、とても楽しいひと時だったと思います。
受講生の先生からは、早速セッション2もとても楽しみにしているという声を聞き、皆さん充実した時間を過ごされているようで、こちらもご一緒していてとても嬉しい思いをしました。
  
004.jpg 005.jpg
 
006.jpg 007.jpg 
受講の先生方とともに、スピーカーの先生、ゲストの先生方とも盛り上がりました! 
 
そして主役のDr.Saschaは、パーティー終了後すぐに、疲れを癒すために(?)ホテルのマッサージを受けに消えていったそうな。。。。(笑)
 
受講生の皆さんもお疲れさまでした。
翌日は、豚骨の実習も予定しているので、これまた楽しい一日になりそうです。
 

今月のインプラント関連の最新論文

2010.11.15-Mon

【 佐藤琢也 記 】


デンタルインプラントセンター大阪では毎月、
インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。


今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。


インプラント埋入時における敗血症の発症(CHXの予防投与の効果)
Title :Bacteraemia following dental implants’placement.
Author :A. Pin˜eiroI. Toma´sJ. Blanco M. A´ lvarez J. Seoane P. Diz.                             
Journal: Clin. Oral Impl. Res. 21, 2010 / 913–918.


PURPOSE
インプラント埋入手術後の敗血症の発症と、その経時変化、そしてその原因論を調査することを目的とする.また、敗血症の予防にも期待できるCHXの効果についても検討を行う。


MATERIALS AND METHODS
Control Group 30名, 0.2%CHX Group 20名を被験者とする研究.インプラント埋入を施術される被験者より採血をおこない,
そのサンプルから敗血症を同定する。
手術手技
二回法インプラント埋入手術前に、肘前静脈、あるいは手の甲静脈より10mlの静脈血を採取する。次にインプラント埋入30秒後にも10mlを採取し、さらにフラップの縫合を完全に終えた後の15分後に10mlを採取した。
採取静脈血からの細菌の同定と
採取静脈血は好気性、嫌気性環境下の血液培養のために振り分けられ、Bactec9240を用いてそれぞれのサンプルが培養された。培養され発育した細菌にはグラム染色が行われ、好気性菌、嫌気性菌ともに各種培地にて二次培養を行い、細菌の同定を試みた。
統計
SPSSにて敗血症の発症と、予想される複数の臨床的要因の関連性(あるいは独立性)の検定が行われた。また、コントロール群とCHX使用群とにおける発症の比較はt-検定などを用いて行われた。


RESULTS
コントロール群においての敗血症の発症は、年齢、性別、歯周環境と口腔内環境の状態との間で統計学的な相関は認められなかった。
しかし、その一方でCHX群のサンプルからは敗血症が認められなかったことから、敗血症の予防にCHXが効果的であるとの結果になったが、統計学的にはコントロール群との差に有意差は認められなかった。

DISCUSSION & CONCLUSION
フラップを剥離してインプラントを埋入する施術方法は(他の口腔外科手術と比較しても)敗血症を起こすリスクが低いことが示唆された。したがって、細菌性心内膜炎を予防する意味でのインプラント埋入術前の抗生物質の投与には疑問が残る。一方で統計学的有意差として現れなかったが、0.2%CHXの術前洗口は敗血症の予防に効果的であるというデータが示されたため、これの使用は推薦しうる。


POINT OF CRITICISM,TOPIC OF CONCERN
インプラント埋入手術における細菌のコンタミネーションを静脈血中の細菌同定によって確認しているが、これは手術の成否やオッセオインテグレーションへの影響と直接関連付けられことまではできない。一方で統計学的には差が無いがCHXの効果については興味深い。
Category:10.SPT,16.有病者