サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<May 2011 メイン August 2011>>

UCLA/gIDE マスタープログラムSession3 #Day4

2011.06.02-Thu

【 西本美奈 記 】
  
さて、Session3 最後の4日目は、
琢也先生による7-0という細いサイズの糸と針を用いた“外科手術の縫合”の実習から始まりました。
Dr. Saschaも縫合こそ手術の過程で一番重要だおっしゃっていましたが、本当に簡単そうで難しい。。。
  
UCLA_gIDE_015.jpg UCLA_gIDE_016.jpg
 
この日は午後から日高先生の講義も控えていました。
先生の講義は素晴らしくて大きなカンファレンスでお話しされるのと感じが違い、
どんな小さな質問をしても丁寧にお答えいただきました。またスライドは本当にきれいで、芸術の域に入っていました。また、その講義は、もっと聞いていたいのにあっという間に終わってしまいました。
先生にはお忙しい中2日目のハンズオン、懇親会から3日間続けて足を運んでいただきまして感謝でいっぱいです。本当に魅力的な先生でした!
 
UCLA_gIDE_017.jpg
受講生にも大人気の日高先生でした…。 
 
さて次回は最後のセッションがロサンゼルスで行われます。
UCLAの先生の講義も楽しみですしロサンゼルスに行くのも楽しみです。
それまでにいろいろとまた準備もあるでしょうが、受講の先生方に少しでも満足していただけるように頑張りたいと思います。 
 
UCLA_gIDE_018.jpg

 

UCLA/gIDE マスタープログラムSession3 #Day3

【 西本美奈 記 】
 
今日は朝からこのプログラムの2回目となるケースプレゼンテーションでした。
今回のテーマは前歯部審美領域のインプラントについてのケースで、
審査はDr.Sascha A.Jovanovic と前回に引き続き日高豊彦先生によって行われました。
 
UCLA_gIDE_013.jpg 
  
受講の先生方の夜も寝ずの努力の甲斐あってかプレゼンは本当によく考え、
まとめられていて、
Dr.Saschaがケースプレゼンテーションのレベルの高さに感銘を受けていたのが印象的でした。
また日高先生からはあらゆる角度から的確なコメントを頂きました。
コメントに対して受講の先生方から自然と拍手が起こる先生はそういないのではないでしょうか。
 
UCLA_gIDE_014.jpg
  
ともかくケースプレゼンテーションも無事に終わり、昼食は皆さんリラックスしてとっていただけたようです。
私個人的には関西人として、東京のうどんの汁が濃い!のはやはりなじめず、
私が注文して、楽しみにしていたエビ天丼も何故か勝手にDr.Saschaに食べられてしまいました。
(琢也先生はサーシャがマグロ嫌いなのを御存じで、何回か確かめたのにもかかわらず、
彼はマグロ丼を頼みました。そして食べませんでした…。なんで?)
 
午後からはこのセッション最後のDr.Sascahの講義でした。先生方の疲れもピークなのでは?と思いきや皆さん本当に熱心で、私も見習わなければと感じさせられました。
 
 
一方、夕方からはさらに大きな会場にて、このセッションの大きなイベントの一つである東日本大震災チャリティーレクチャーが同時に行われていました。
UCLAのDr. Bill Yancey とDr. Henry Takeiからメッセージビデオを頂き、山崎長郎先生を座長にDr. Saschaによる講演が行われました。
 
DSC00861.jpg
 

最後はDr. Saschaと山崎先生による質疑応答が活発に行われました。世界を代表するお二人が共に被災者のために何かできることはないかとこの企画に賛同してくださったことを非常にうれしく、また心打たれました。
特に地震、原発の問題であらゆる分野の海外の先生方が相次いで来日をキャンセルしているなか、快く日本に来ていただいたDr. Sascha Jovanovicには敬意を表したいと思います。また素晴らしい通訳をしていただきました梅津先生、ありがとうございました。義援金が被災地の皆様のためになることを願っています。
  
P1090852.jpg P1090860.jpg
 
DSC00893.jpg
 
併せて、約1,001,960円が日本赤十字社を通じて東日本大震災の被災地へ寄付されました。

UCLA/gIDE マスタープログラムSession3 #Day2

2011.06.01-Wed

【 九住若奈 記 】
 
2日目の金曜日は、午前中はDr Saschaによる講義、
そして午後からは、豚さんの下顎を使ってのインプラント手術の実習でした。
 
私ははじめての豚実習だったので、“豚マイスター”の異名を持つ寺嶋先生に、
事前にコツをいろいろ教えていただきながらその準備に臨みました。
 
UCLA_gIDE_010.jpg
 
受講生の皆さんは個々に質問されたり、マンツーマンでアドバイスを受けられたりしていました。
実習中はとても明るい雰囲気でしたよ!
 
UCLA_gIDE_011.jpg UCLA_gIDE_006.jpg
 
豚実習も無事終了し、私は2日間の東京出張を終え帰路につきました。
 
2日間という短い時間でしたが、このような機会をもうけてくださった琢也先生には本当に感謝です。また、もう少し英語を話せるようにならなくては、と切実に思った2日間でした。英語の勉強は高校ぶりですが、少しずつでも始めていこうとおもいます。。。
 
琢也先生、西本先生本当にお疲れさまでした。
 
 
UCLA_gIDE_012.jpg
とっておきのベストショットを狙うワカナー

UCLA/gIDE マスタープログラムSession3 #Day1

【 九住若奈 記 】
 
5/11(木)~14(日)にかけて、当院が主催するのインプラントの講習会、
UCLA/gIDE マスタープログラムのSession3が、
東京品川のノーベルバイオケアー研修室にて行われました。
  

1日目の木曜日はDr.Sascha A.Jovanovic の講義がメインでした。
当たり前ですが、講義は全て英語です。

UCLA_gIDE_001.jpg

英語力のほとんどない私は、内容がわかるか不安でしたが、
ユーモアたっぷりに日本語訳してくださる通訳さんのおかげで、
ちゃんと理解することができました。
 
UCLA_gIDE_004.jpg

受講生の皆さんは本当に熱心で、休憩時間にもDrsaschaに質問をされていたり、
症例の相談もされていました。

UCLA_gIDE_002.jpg
 
 
講義が終わってからは、Dr.Saschaと、琢也先生、山中先生、西本先生、寺嶋先生、そして私とで、
品川駅近くのジャズ&イタリアンのお店へ夕食にいきました。
 
東京らしいとてもおしゃれなお店で、
地方出身(福井県福井市)の私は、仕事を忘れて都会ライフにウキウキしてしまいました♬。
 
DSC00693.jpg
“都会ライフ”を満喫するワカナー 
 
お食事もとってもおいしかったです。
サーシャ先生ごちそうさまでした。(驕ってもらいました!)
  
UCLA_gIDE_008.jpg UCLA_gIDE_009.jpg