サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<February 2014 メイン May 2014>>

Club GP×gIDE Global Program Session Ⅶ

2014.03.06-Thu

【 五島友絵 記 】


昨年よりスタートした『Club GP×gIDE Global Program』も
先月(2月22日23日)で第7回目となり、
1日目の土曜日は、勝手ながらに医院は休診とさせていただき、
スタッフ一同午前中の豚実習より
お手伝い兼お勉強をさせて頂きました。


14030601.jpg


久しぶりのスタッフ総出での参加でしたが、
回を重ねるごとに、参加されている先生方の緊張感も程よく解けて
コースの雰囲気もよく、和気あいあいとしているのを感じました。


午前中は、琢也先生による骨造成や
サイナス(上顎洞)へのアプローチの仕方など、
EBMと臨床症例を中心に講演され
その後に実際に豚の骨や玉子を用いての実習が行われました。


14030602.jpg


午後からは、中島康先生による
『インプラント周囲疾患に対する治療』について
インプラントだけに限らず、天然歯同様に全歯周組織の炎症に対する考え方や
治療アプローチについて、動画や実際の治療前、後の写真を豊富に紹介しながら
講演してくださいました。


14030603.jpg


中島先生のお話は何度か講演で聞いたり
本も出版されていて、勉強させて頂いているのですが、
インプラント周囲の炎症に対する治療のデータを豊富に揃えていらっしゃり
炎症の初見で診られる出血にしっかりと着目して
「いかに歯肉炎が悪化するのを食い止めるか」また、
「歯周炎にまで進行してしまったインプラント周囲炎に対する治療アプローチ」
について、いくつか紹介してくださいました。


午後の講義は、どちらかというと私たち衛生士向けのお話で
「メインテナンス時などでの、炎症初見にいかに気づき、患者さんへの意識づけ
そして治療アプローチを行っていくか」
ということを流れを通して講演してくださったので、
とても分かりやすく、知識の整理と再確認ができました。


14030604.jpg


また、背筋がピンとなる気がして
明日からの診療にもまた活かせると
歯科衛生士一同、実感した1日になりました。


土曜日の診療では、
学会やこうした勉強会等で休診にさせていただく事もあり
患者さんには迷惑をかけてしまいますが
いつもご協力、ご理解いただき、ありがとうございます。