サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<September 2016 メイン December 2016>>

Club GP創立15周年記念大会

2016.11.28-Mon

【 西田 亜樹穂 記 】


みなさんこんにちは(^^)


今回は11月3日に行われた
佐藤理事長か代表を務めるスタディーグループ『Club GP』の
創立15周年記念大会の模様をお届けします!!


16112801.jpg


梅田のブリーゼプラザで行われた今回の記念大会には、
日本を代表する歯科医師、
山崎先生、窪木先生の講演が行われるということもあり、
若手の先生からベテランの先生まで
たくさんの先生方が参加されていました。


16112802.jpg


サトウ歯科スタッフも
全員で参加させていただきました!


私達も勉強になる内容で
先生方のお話もすごく面白くて
聞いていて楽しかったです。


16112803.jpg


最後には山崎先生、窪木先生お二人の座談会も行われ、
Club GP創立15周年記念大会にふさわしい
内容の濃い1日となりました!


16112804.jpg


記念大会終了後、山崎先生と
サトウ歯科スタッフで記念撮影も(^^)!

今月のインプラント関連の最新論文

2016.11.13-Sun

【 佐藤琢也 記 】


デンタルインプラントセンター大阪では毎月、
インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。


今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。


既成品とカスタムメイドアバットメントにおけるセメント残留の前向き研究
Title :Undetected residual cement on standard or individualized all-ceramic abutments with cemented zirconia single crowns - a prospective randomized pilot trial.
Author :Kappel S, Eiffler C, Lorenzo-Bermejo J, Stober T, Rammelsberg P.                            
Journal:Clin Oral Implants Res. 2016 Sep;27(9):1065-71.


PURPOSE
インプラント支台のセラミックアバットメントにモノリシックのジルコニアクランをセメント合着し,その際のセメントの残留量と頻度を,既製品加工のアバットメントとカスタムメイドアバットメントの双方について比較する.


MATERIALS AND METHODS
20名の患者に単独歯植立されたストローマンインプラント(bone level)にセラミックアバットメントを装着.印象採時より2グループにランダム化され,10名には既製品加工のセラミックアバットメント(IPS e.max abutment),残りの10名にはCAD/CAMでカスタムメイドされたジルコニアアバットメントを装着した.既製品のアバットメントはできるだけ歯肉縁上,縁下1mmの範囲に収まるようにマージン部を設定し,カスタムメイドのアバットメントは近心,頬側,舌側は歯肉縁上1mm以内に,頬側は歯肉縁下1mm以内に収まるようにマージンの設定を行った.
次に,それぞれにアクセスホールが付与されているジルコニアクランをグラスアイオノマーセメントにて合着し,プラスティックキュレットやフロスにて残留セメントを可及的に除去した.
その同日に,上部構造を装着した術者とは別の測定者が合着された上部構造とアバットメントの一塊をunscrewしてインプラントより撤去し,インプラント周囲歯肉と上部構造‐アバットメント周囲のデジタル写真撮影を行った.これらのデジタル画像をCorel Photo Paint X7をもちいて残留セ

メントを区域化し,ピクセルによる定量化の後に,二群を比較した.


RESULTS
カスタムメイドのアバットメントは10名中9名の被験者にて残留セメントを完全に取り除くことができず,既製品使用群では10名中4名にて残留セメントの取り残しが認められた.また,残留セメントは主に頬側にて観察されたが統計学的有意差は認められなかった.
歯肉縁下マージンは歯肉縁上マージンに比べ,統計学的に有意にセメント残留が多く(OR=4.26,P=0.048),また,アバットメントとクラウンマージンの位置が歯肉辺縁より1mm以上離れていない場合は,1mm以上離れているケースと比較して,有意にセメントの残留が多い結果が示された(OR=17.7,P=0.02).


CONCLUSION
・カスタムメイドアバットメントの使用がセメント残留の軽減には直結しないことが示唆された.
・アバットメントとクラウンマージンの可視化は残留セメント除去に有効であるかもしれない.


POINT OF CRITICISM
Conclusion1はそりゃそうだろう.2が臨床で参照される結論か? 
→縁上マージン,舌側だけにセメント.

TOPIC OF CONCERN 7,15