サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<December 2016 メイン March 2017>>

★スタッフルーム★

2017.01.23-Mon

【 上村 純奈 記 】


みなさんこんにちは^^


サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪に
新しいコーヒーメーカーが届きました!!!


17012302.jpg


しかも!!なんと!!
コーヒー豆からひくことができます^^


17012301.jpg


いつも休憩中は、スタッフみんなで
コーヒーを飲みながらリラックスしています♪


これからも休憩中のコーヒーはかかせません(*^^*)♡


コーヒーで歯にステインがついてしまったら、
クリーニングできれいに除去できますので
気になる方はぜひ定期健診へお越しください!

大掃除&忘年会

2017.01.20-Fri

【 西田 亜樹穂 記 】


12月28日、年内最後だったこの日は
毎年恒例、琢也先生とスタッフみんなで大掃除をしました!


朝から夕方まで掃除をしてスッキリ!☆
心が洗われます♪


17012001.jpg


そのまま夜は『ピッチェ』というお店で忘年会でした!


ミシュランガイド2017・ビブグルマンに
選出されたお店だそうです!!


17012002.jpg


本格窯焼きピザがすごく美味しくて
みんなのお酒も進みます(^^)♪


技工士の大西さんのお子さんと、
琢也先生のお子さんもいて、とっても賑やか!


時間があっという間に過ぎてしまうくらい
わいわい楽しい時間でした♪


17012003.jpg


一年の良い締めくくりとなった1日でした(^^)/

今月のインプラント関連の最新論文

2017.01.16-Mon

【 佐藤琢也 記 】


デンタルインプラントセンター大阪では毎月、
インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。
今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。


単独歯インプラントの形態の違いによる歯間乳頭への影響
Title :Papillary fill response in single-tooth implants using abutments of different geometry.
Author:Patil R, den Hartog L, Dilbaghi A, de Jong B, Kerdijk W, Cune MS.                          
Journal:Clin Oral Implants Res. 2016 Dec;27(12):1506-1510.


PURPOSE
インプラントを審美領域に待時埋入した単独歯植立ケースにおいて,アバットメントの形状が歯間乳頭の増殖にどのような影響を与えるかを調査する.


MATERIALS AND METHODS
単独歯欠損を二箇所有する26名の患者が被験者.被験者にはそれぞれ2本のインプラントが待時埋入の手法により埋入された.すなわち,合計52本のインプラント(Nobel Biocare Replace Select)が埋入され,17−19週後に二次外科手術後(punch protocol)を行われたのちに,それぞれの患者につき,コントロールとしてチタンアバットメント頚部の形状がストレートタイプのもの(Esthetic Abutment, Nobel Biocare)と,アバットメントの頚部にコンケイブ状の1.25mmの凹面構造と,0.5mmのマクロスレッドが中央部に付与されているアバットメント(Curvy, Nobel Biocare)が無作為に割り付けられあ装着された(Fig1).


Fig1.straight abutment and concave abutment

2ヶ月後に最終補綴装置を装着し,12ヶ月後のリコール時に歯間乳頭の状態をpapila index score(PIS)にて測定し,あわせてデンタルX線撮影所見よりインプラント-天然歯間でもっとも高位な骨のレベルとインプラント周囲骨マージンの最も低い位置を測定し,PISとの関係性をロジスティック回帰分析にて評価した.


RESULT
アバットメントの形態の違いによってPISには統計学的な有意差が認められなかった.

Fig5. PISの割合 
一方で,インプラント-天然歯間にあるもっとも高い骨レベルとPISとには正の相関が認められ(P<0.01),インプラント周囲骨マージンのもっとも低い骨のレベルとには負の相関関係(P<0.05)が統計学的に認められた.


CONCLUSION
コンケイブ状の陥凹をもつアバッントには歯間乳頭をより満たす効果は認められず,歯間乳頭の状態は周囲骨のレベルに影響されることが示唆された.


POINT OF CRITICISM
コンケイブタイプのアバットメントの臨床応用の効果は,これまで経験則のみの議論の域を超えなかったが,症例集積のデータによりその効果が評価された初めての論文と考えられる.

TOPIC OF CONCERN 6,12


今月のインプラント関連の最新論文

2017.01.15-Sun

【 佐藤琢也 記 】


デンタルインプラントセンター大阪では毎月、
インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。


今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。


インプラント周囲組織のパラメーターと口腔前庭幅との相関‐6年の後ろ向き研究‐
Title :Papillary fill response in single-tooth implants using abutments of different geometry.
Author:Patil R, den Hartog L, Dilbaghi A, de Jong B, Kerdijk W, Cune MS.                          
Journal:Clin Oral Implants Res. 2016 Dec;27(12):1506-1510.


PURPOSE
口腔前庭幅とインプラント周囲の臨床パラメーターとの相関を調査し,口腔前庭幅がインプラント周囲組織に及ぼす影響を調査する.


MATERIALS AND METHODS
Rambam Health Care Campus (Israel)の歯周病科にて定期的なSPTを受診するインプラント患者を被験者とした.そのうち経過観察期間中にSPT以外の処置が必要だった患者群をnon-stable,SPTのみをstable,と分類し,以下の臨床パラメーターを一人の診査者によって測定された.
PI: Plaque Index, GI: Gingival Index, PPD: Peri-implant Pocket Depth, BOP, MR: Mucosal Recession, RAL: Relative Attachment Level, KMW: Width of Keratinized Mucosa, KMT: Thickness of Keratinized Mucosa, VD: Vestibular Depth, RBL: Radiographic Bone Level.
また,VDは4mm以下と4mm以上に分類され,これらのグループと上記の臨床パラメーターの相関をMann-Whitney U検定を用いて検出した.さらに,RLAを従属変数とし,単変量解析で有意差が認められた項目を独立変数とした多変量解析を行った.


RESULT
合計61名の被験者より,234本のインプラント(164本のMIS,70本のBiomet 3i,191本はBone Level,43本はTissue Level)のインプラントが平均6.39年の計観察期間を経た.
VDとの相関については,4mm以下の場合に,MR, RAL, RBL, GI, BOPについては有意に値が上昇し,KMWは減少した.PIについては有意差が認められなかった.
RALに影響を及ぼすと予想されたパラメーターとのB(対数オッズ比)は下記.

Table5.改編


CONCLUSION
本研究により,インプラント周囲の口腔前庭の幅が適切でない場合には,インプラント周囲の骨吸収,歯肉の退縮が増大することが示唆された.


POINT OF CRITICISM
口腔前庭の浅い口腔内環境は適切なブラッシング,食物の流れを妨げるリスクとなると考えられていたが,これらとインプラント周囲炎との関連に着目した研究は皆無であり,本研究はインプラント周囲歯肉に対する前庭拡張術と遊離歯肉移植術の実施の根拠となるかもしれない.しかし,実際にはVDとPIの相関は認められなかったという結果であり,また,RALとの相関についても,口腔前庭幅が影響を及ぼすとの結論づける一方,角化歯肉幅との交絡の可能性は解消されてはおらず,VDの4mmのカットオフについても詳細は不明であった.

TOPIC OF CONCERN 6