サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪

<<March 2019 メイン

今月のインプラント関連の最新論文

2019.09.15-Sun

【 佐藤琢也 記 】


デンタルインプラントセンター大阪では毎月、
インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。


今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。


若年者の白色人種における歯肉のバイオタイプと厚みとの関連性
Title :On the relationship between gingival biotypes and gingival thickness in young Caucasians.
Author :Fischer KR, Richter T, Kebschull M, Petersen N, Fickl S.                          
Journal: Clin Oral Implants Res. 2015 Aug;26(8):865-9.


PURPOSE
gingival biotype と歯肉の厚み,歯間乳頭の高さ,付着歯肉の幅の関連性を評価する.


MATERIALS AND METHODS
36名の被験者(男性:19名,女性17名,平均年齢24.9歳)を,歯肉のbitotypeによってthin:18名,thick:18名へと階層化した.biotypeはKanら(2003年)による歯周プローブをもちいたシンプルな審査法に準じた. つまり,歯周プローブを歯肉溝に挿入した際に,歯周プローブの色が歯肉に透過し測定者が識別できる場合はthin,できない場合はthickと識別した.
さらに下記の歯肉の計測を行った.


❶ gingival thickness (GT) :カスタマイズされたキャリパーを歯肉溝に挿入しサルカス底部からの歯肉の厚みを3回測定.
❷ gingival width (GW):歯周プローブをもちいて付着歯肉幅を測定
❸ Papillae Height (PH):歯間乳頭の高さ.模型上で計測
❹ very thin,very thick:thinの中でもっとも少ない6名のGTをvery thin,もっとも大きな6名をvery thickと選定.
biotypeとGT,PHとの関連をノンパラメトリック検定にて評価.
RESULTS
thinとthickを比較した場合,GT,GW,PHの値に統計学的有意差が認められた.
また,very thin, とvery thickとの間にも有意差が認められたが,very thin,very thickを除いた階層での比較においては有意差が認められなかった.

結果の一例 図4より


DISCUSSION & CONCLUSION
若年者の白色人種における歯肉のバイオタイプと,歯肉の厚み,付着歯肉幅,歯間乳頭の高さとの関連性が認められた.


POINT OF CRITICISM
歯周プローブを用いたthinとthickのbiotypeの識別方法には,結局は術者にゆだねられ曖昧さがあり,当然バイアスの余地も大きい.「歯肉からの透過性」も分光測色計を用いたわけでもないので階層化による比較検討が妥当であるのか議論の余地がある.
そもそもが,biotypeの定義が曖昧であるので,本研究は「歯肉のバイオタイプと厚みとの関連性」とのタイトルではなく「プロービングの透過性と歯肉の厚みとの関連性」とすべきではないであろうか?
さらにGTがとくに低いものをvery thin,GTの特に高いものをvery thickと定義したうえで,それぞれを6名選択したのであるから,この階層化においてGTとの関連性を有意検定する意義はいかに?

TOPIC OF CONCERN:6