新型コロナウィルスに関連する歯科治療の安全性の見解

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、歯科治療の安全性についての問い合わせを多数頂いております。

サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪では元より使用器具、機材の滅菌と消毒の徹底を行っており、各診療 チェアーの間隔が十分な吹き抜け空間の診療室で、さらには院内換気 システムも最新です。
また、サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪のスタッフの健康状態にも最新の注意を欠かさず行い、人と人の接触を削減するため、当院で開催されていた歯科医師向けのインプラント、審美、矯正、歯周病治療等の教育セミナーや 実習コースをすべて中止しております。感染予防には十分な配慮を行っているため、患者さんへの感染のリスクは低いことをご理解ください。

20041001.jpg

そのような環境下では患者さんへの感染よりも、むしろ診療時のエアロゾ ル発生にともなう「患者→医療スタッフ」への感染予防が急務となります。
したがって、当面はスタッフがマスク、ゴーグル、キャップ、防護服を装着 した状態で診療を行い、患者さんと医療スタッフの双方への感染予防に 努めておりますが、医療資源の 確保と人の密集を作らないように するために診療予約と初診受付に制限を設けていることをご容赦くださいませ。
よろしくお願いいたします。

サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪
理事長 佐藤 琢也