歯科用ボトックス始めました!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【 林 幸那 記 】

皆さん歯科用ボトックスってご存知ですか?
ほっぺたに手を置いた状態で、奥歯でぐっと噛んでみてください。
硬く張る場所があるかと思います。
いわゆる"エラが張っている"タイプの方だと分かりやすいかもしれないですね。
歯科用ボトックスは、その筋肉にボツリヌス菌を注射することによって、筋肉の力を弱めることを目的とした治療方法になります。

では、なんのために必要なのでしょうか?

歯ぎしりや食いしばりが強いと、それが原因で 歯がすり減ったり、
炎症が起きやすかったり、せっかく治療して入れた詰め物やかぶせ物が壊れたり...

様々なトラブルを引き起こします。
当院ではそういった患者さんに 就寝時につけるマウスピースをお勧めさせていただいていますが、
・違和感が強くて毎日着けられない
・めんどくさくなって外したまま
などという声もやはり多く耳にします。

そこで、ボトックスです!

19112201.jpg

患者さんにご案内するにあたって、スタッフ数名が実際に体験してみました!

左右2箇所ずつ注射します。

痛みは予防接種程度。時間も数分で済みました。
効果が現れるまでにおよそ2週間程度。3~4ヶ月で効果が薄れてくるとのデータがあったのですが、翌日からちゃんと変化を感じることができました!ぐっと噛んだ時に今までほど力が入らない。やや口が開きにくい。と感じたスタッフがいたり、ほっぺたに手を置いて噛み締めてみても、盛り上がっていたところが盛り上がらない(つまり、ちょっと小顔になった!)というスタッフも! 嬉しい副作用ですね笑

19112202.jpg

まだ始まったばかりですが、自身の今後の経過も参考にしながら、お困りの患者さんのご相談に乗れればと思います!

興味のある方は気軽にスタッフまでお尋ねくださいね★
(※保険外診療になります)

今月のインプラント関連の最新論文

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【 佐藤琢也 記 】

デンタルインプラントセンター大阪では毎月、インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。
今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。

口蓋と上顎結節から結合組織を移植した場合のインプラント周囲歯肉の安定性 ‐ランダム化比較試験‐
Title :Soft tissue stability around dental implants after soft tissue grafting from the lateral palate or the tuberosity area - A randomized controlled clinical trial
AuthorErnest Rojo, Giorgio Stroppa, Ignacio Sanz-Martin, Oscar Gonzalez-Martín, Jose Nart
JournalJ Clin Periodontol. 2020;47:892-8

PURPOSE
インプラント周囲組織の審美性と形態の改善のために上皮化結合組織移植術が行われることは間々あり,また,そのドナーの採取箇所としては口蓋と上顎結節部が用いられる.その際の採取部位の相違による術後のインプラント周囲歯肉の安定性を,ランダム化比較試験によって検討する.

MATERIALS AND METHODS
29患者,33本のインプラント周囲歯肉に軟組織の形態改善のために結合組織移植術(SCTG)が計画され,ドナーの採取部位は口蓋歯,もしくは上顎結節部とした.その割付は無作為に行われ,最終的に27患者,31本のインプラントにSCTGが実施された.

❐外科術式
アバットメントが締結されたインプラントと隣在歯に対して歯肉溝内切開を行い,インプラントの頬側歯肉に部分層弁を設けた.ドナーはdouble bladed knife techniqueにより10✕12✕1.5mmの結合組織を口蓋(control group : CG)もしくは上顎結節(test group : TG)から採取し,インプラント周囲歯肉に移植した.

❐Intra Oral Scan(IOS)による歯肉の計測
SCTGの術後4ヶ月後に最終補綴装置を装着し,IOSによりインプラント周囲歯肉の厚みを計測した(FU-4).さらに8ヶ月後に同様の手法で再度計測を行い(FU-12)隣在歯をリファレンスポイントとして重ね合わせをし,FU-4からFU-12歯肉の厚みの変化を測定した.

❐その他の臨床的パラメーターの比較
PI, BI, PD expressed in % (Mean ± SD), KT:Width of Keratinized Tissue, Pink Esthetic Score.

RESULTS
❐IOSを用いて計測したFU-4〜FU-12のインプラント周囲歯肉の厚みの変化
→CGとTGに統計学的有意差は認められなかった(Mann-Whitney U test.).

❐その他の臨床的パラメーターの比較
→KTの増加において,TG>CG,統計学的有意差が認められた.(Mann-Whitney U test.)

DISCUSSION & CONCLUSION
CG,TGともにSCTG後の歯肉は安定しており,術後の経過も大きな臨床的な差違が認められなかった.しかし,上顎結節から採取した歯肉を用いて行うSCTGのほうがインプラント周囲の角化歯肉の増加が期待できるかもしれない.

POINT OF CRITICISM
CGとTGの比較を12ヶ月の経過だけで行うには観察期間が短く,自身の症例では数年後にその差が顕著に現れるように思える.
最終補綴後のインプラント周囲歯肉の推移を比較しているが,SCTG術直後から補綴装置装着直前(FU-0〜FU-4)の両者のインプラント周囲歯肉の厚みの変化(厚みの改善)については議論されていない.

TOPIC OF CONCERN 6,12

院内のご紹介

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
【 佐々木 玲美 記 】

はじめまして。
7月から入社しました受付・秘書の佐々木玲美と申します。
歯科業界未経験ですが、歯科の知識向上と笑顔で患者さんをお迎えできるようにがんばりますので、よろしくお願い致します(^^)

19100104.jpg

さて、最近院内が少しリニューアルしたのでご紹介します。
まず、中庭です。

19100103.jpg

以前は伸びきっていた植物を高さが低めの植物に植え替えしました。
当院では、患者さんに気持ち良くリラックスして治療を受けて頂けるように、
緑の多い院内をめざしております。

調べたところによると植物には科学的にもリラックス効果をはじめ、
・空気清浄効果
・モチベーションアップ効果
・快適な湿度調整効果
・目の疲れを癒す
・ストレス解消
などが実証されているみたいですね。

患者さんからもきれいねとお褒めの言葉を頂いたり、
私達スタッフもたくさんの植物に癒されたりしています。

19100102.jpg

そのほかにも、受付に歯ブラシなどを展示するコーナーができたり、
本棚が新しくなったりとグレードアップしています。

また新しくなったところがあればご紹介したいと思います(^^)



ImplantAtoZが始まりました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
【 井上 遥 記 】

8月24-25日からサトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪で
ImplantAtoZがスタートしました!

24日の午後からサトウ歯科の研修室で行われ、
24日と25日の午前中は琢也先生による講義がありました。


19092601.jpg

25日の午後からは2班に別れてマネキンを使って実際にインプラントを埋入する実習と
三谷先生による歯茎の模型を使って縫合する実習が行われました。


19092602.jpg

インプラント埋入実習は、受講生同士でアシスタントも行うので
普段アシスタントをする衛生士の気持ちも体験できたとのことでした♪

有名なインプラントのメーカーさんのサポートもあるので
商品についてもその場で質問されている先生もいらっしゃいました。

19092603.jpg

次回は豚の顎を使っての実習が行われます!
基礎から学べるので衛生士の私でもとても分かりやすく学べました♪


ClubGP定例会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
【 林 幸那 記 】

先日、サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪研修室にて
岡口守雄先生をお招きし、2日間に渡り特別講演と実習のご指導を頂きました。

講演でのお話はどれもとても興味深い内容で、立ち見も出る中、
実際の診療の動画が流れた場面では、会場から"おぉー!"と歓声があがるほどでした。

19082301.jpg

翌日の実習でも、先生のご指導のもと
実際にマイクロスコープを覗きながらみなさんとても真剣に取り組んでおられて、
すごく貴重な場になったと思います。

19082302.jpg

とても有意義な2日間でした!
ありがとうございました!


今月のインプラント関連の最新論文

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【 佐藤琢也 記 】

デンタルインプラントセンター大阪では毎月、インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。
今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。

炎症下では吸収されない脱タンパク牛骨ミネラル骨補填剤 ‐ネズミの頭蓋での骨補填の研究‐
Title :DBBM shows no signs of resorption under inflammatory conditions. An experimental study in the mouse calvaria.
AuthorUlrike Kuchler Gabriel Mulinari dos Santos Patrick Heimel Alexandra Stähli Franz Josef Strauss Stefan Tangl Reinhard Gruber
JournalClin Oral Impl Res. 2020;31:10-17

PURPOSE
脱タンパク牛骨ミネラル(DBBM)がインプラント治療にて頻繁に用いられるが,その吸収の動態については不明点が多い.本研究ではマウスの頭蓋を用いた実験モデルにて局所的感染下におけるDBBMの吸収とレシピエントの変化を観察する.

MATERIALS AND METHODS
30頭のマウス(8-10 weeks,)の頭蓋の骨膜を剥離し,下記の割合で骨補填材を移植した.
■control group: DBBM単体  (50 mg, Bio‐Oss, Geistlich)
■LPS group:DBBM 50mg単体を移植し,腸管出血性大腸菌由来のリポポリサッカライド.(Lipopolysaccharide:内毒素)を術後2日,5日後の術部に25 mg/kg, Sigma注入.
Ceridust
group
Ceridust
group

■Ceridust group:DBBM (25 mg) にpolyethylene particles (25 mg; 1%; Ceridust VP 3620; Clariant),を混和し移植.
マウスは14日後に屠殺し,それぞれの頭蓋に対してμCTによる形態学的研究と組織学的研究を行った.

RESULTS

27匹のマウスが検体として採用された.7匹にフラップの裂開がみとめられたが,各グループにおいての差は認められなかった(control群:2例, LPS群:3例, Ceridust群:2例).μCTによる形態学的研究において,LPS群とCeridust群では骨造成の術部にて異質で大規模な骨欠損が生じているのが観察され,control群とその他とのグループで統計学的有意差が認められた(control群: 5.2%,LPS群: 21.4%, Ceridust群: 14.2%).
また,LPS群とCeridust群にて頭蓋骨の大規模な骨融解が生じているのが観察された.

組織学的研究においては,各グループ間での炎症反応の顕著な差は認められなかった.また,全てのグループにおいてDBBMの吸収は観察されなかった.一方,LPS群,Ceridust群で骨の補償的な修復が観察された.Figure5:組織学的研究の一部

DISCUSSION & CONCLUSION
マウスのモデルにおいて,炎症下にあるDBBMは骨造成後に吸収されず,一方で受容側である頭蓋骨には大幅な吸収が認められたことから,このような環境下でのインプラントの骨造成術は有効ではないと結論付けられた.

POINT OF CRITICISM
もうすこし経過を観察して評価した場合,組織学的な炎症反応にも変化が現れるのであろうか?
臨床では炎症,感染の定義も困難であり,どのていどの「炎症」であれば,抜糸即時のインプラント埋入,Ridge Preservationの際の判断は可能なのであろうか?

TOPIC OF CONCERN 1,4,6

みんなでゴルフ♪

【 池下 侑里 記 】

お昼休みに琢也先生が買って下さった「みんなでgolf」のVRで遊びました!
本当にゴルフをしてるような感覚でびっくりしました。
始めはなかなか前に飛ばなかったのですが、そのうちコツを掴み夢中になってバンバン飛ばしていました!

19070601.jpg

先生のおかげでとても楽しい時間を過ごすことができました^_^



今月のインプラント関連の最新論文

【 佐藤琢也 記 】

デンタルインプラントセンター大阪では毎月、インプラントと歯周病に関連する最新英論文を翻訳する勉強会が開催されております。
今月はインプラントを学ぶ歯科医師の先生向けに下記の論文を紹介させていただきます。

複数歯根面露出部位に対し,コラーゲンマトリックスと遊離歯肉結合組織をもちいて行った根面被覆術の審美的評価 -ランダム化比較試験

Title :Trueness of cone beam computed tomography versus intraoral scanner derived threedimensional digital models: An ex vivo study.

Author :Al-Rimawi A, Shaheen E, Albdour EA, Shujaat S, Politis C, Jacobs R..

JournalClin Oral Implants Res. 2019 Jun;30(6):498-504.

PURPOSE

歯科用コーンビームCT-X線装置(cone beamcomputed tomography:CBCT)と,口腔内スキャナー(Intra-oral Scanner:IOS)によって得られる3D−デジタルモデルの真度を比較検討.

MATERIALS AND METHODS

欠損歯のないヒト下顎ドライスカル一体をマスターモデルとし,検体に疑似軟組織を装着した状態で,μCT撮影装置(SkyScan)による撮影を行った.つぎに,IOS(Trios)にて検体をスキャンして3D-デジタルモデルを作成し,4種のCT−X線装置(NewTom VGi evo, ProMax 3D, 3D Accuitomo 170 , Green 21, Green 21)の撮影によって得られたデータをSTL fileに変換後,それぞれの3D−デジタルモデルの精度(とくに真度)をμCTによって得られたデータを基準として比較した(それぞれのN=7).

RESULTS

Figure5:各種CBCTとISOによるデジタルモデルの真度のboxplot

・NewTom VGi evo (110 KV), ProMax 3D (90 kV), 3DAccuitomo 170 (90 kV), Green 21 (110kV), Green 21 (90 kV) の3D-デジタルモデルはIOSより統計学的に有意に真度が高かった.

・3D Accuitomo 170(70Kv)と and ProMax 3D (70 kV)とISOのモデルとの間に有意差はない.

DISCUSSION & CONCLUSION

CBCTによる3D-デジタルモデルは,IOSによって作成されるモデルより正確であり,デジタル研究用模型の作成においてはIOSが不必要で、CBCTのデータで十分であるかもしれない.

POINT OF CRITICISM

金属のアーチファクトのないモデルで行った解析データによる3Dモデルの比較であるので,これをもってして「CBCTがIOSよりデジタル模型作成において有用である」という理論には無理があるのでは?歯冠部のデータが崩れてしまうのは臨床上の診断にも支障をきたすのではなかろうか?



「Implant A to Z」プレセミナー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
【 池下 侑里 記 】

みなさんこんにちは!
先日中之島のノクターンにて「Implant A to Z」のプレセミナーが開催されました。

19061101.jpg

会場はチャペルのような雰囲気で、とてもおしゃれでびっくりしました!
ドリカムがプロデュースしたそうです!

19061102.jpg

セミナーの後は、先生方と楽しいバーベキューでした。
おしゃれな場所で美味しいご飯を食べて勉強もでき、とても有意義な1日でした!


マナーセミナー

【 林 幸那 記 】

先日、ホテルニューオータニ大阪の森先生をお招きしてのマナー接遇に関する院内研修会があり、
スタッフみんなで参加させていただきました!

19060101.jpg

業界は違えど、人と接するという点では共通する部分も多く、心理的な構造 のようなところから、
今まで考えもしなかったようなポイントに目をつけた貴重なお話を聞かせていただいたり、
実際にゲームを交えたりもしながら、分かりやすく楽しく、そして新しい気付きのたくさんあるとても有意義な会になりました。

19060102.jpg

ちょっとした意識の積み重ねで、医院側と患者さん側どちらもが気持ちよく診療に臨める環境を作っていけるよう、学んだことを明日からの診療に活かせていければと思います!

19060103.jpg

お忙しい中、貴重なお時間を作ってくださった森先生、このような研修会を開いてくださった琢也先生に感謝です!

ありがとうございました!